ピクノジェノールとフラバンジェノールの違い

ピクノジェノールとフラバンジェノールについて何が違うのかご質問をよくいただくので解説いたします。

ピクノジェノールとフラバンジェノールはどこが違うの?

ピクノジェノールとフラバンジェノールの違いは?

ピクノジェノール と フラバンジェノール の 原料 であるフランス海岸松の樹皮

ピクノジェノールとフラバンジェノール はどちらもフランス海岸松の樹皮を原料にしている。

ピクノジェノールもフラバンジェノールもどちらも ポリフェノール性フラボノイド「OPC」(オリゴメリック・プロアントシアニジン)を有効成分としています。

OPCの発見は、人類(生体防御)にとって革命的なほどの事柄であり、現在知 られている限り「地上最強の抗酸化物質」とも言われています。

フランス・ボルドー大学教授ジャック・マスケリエによって発見され、OPC (オリゴメリック・プロアントシアニジン)と名付けられたこの物質は、ぶどうの種子や松の樹皮などに豊富に含まれます。

ピクノジェノール OPC 発見者の マスケリエ博士

非常に生理活性が高く、毛細血管の 保護作用や活性酸素(フリーラジカル)の除去に対して、非常に優れた能力を発揮します。

抗酸化力はビタミンC の20 倍以上、ビタミンE の50 倍以上であり、 同時に他のすべての抗酸化物質 (ビタミンC、E など) の作用も高めます。

OPCはその非常に高い効果から、フランスでは国が医薬品として認定し、医療に利用されています。

また世界各国で様々な製品に利用されていますが その名称がピクノジェノールであったりフラバンジェノールまたはエンゾジノールであったりします。

いったいどこが違うのか詳しく見ていきましょう。

登録商標の違い

OPCが当時マスケリエ教授による研究段階の頃、その驚異的な効力が注目され、研究よりも先行していくつかの商標がとられてしまい一般に発売が開始されました。

このいくつかの商標の一部がピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノールなのです。

つまり登録商標の違いでピクノジェノールであったりフラバンジェノールであったりエンゾジノールであったりするわけです。

登録商標 登録会社
ピクノジェノール ホーファーリサーチ社(スイス)
フラバンジェノール ㈱東洋新薬(日本)
エンゾジノール エンゾ・ニュートラシューティカルズ社(ニュージーランド)

原料および抽出加工場所の違い

ピクノジェノールとフラバンジェノールの原料はどちらもフランス海岸松の樹皮ですが抽出加工する場所が違います。

ピクノジェノールは現地フランスで加工しますがフラバンジェノールは日本に持ち帰ってからの加工です。

エンゾジノールはパイナスラジアータ松の樹皮を原料に現地ニュージーランドにて抽出加工します。

登録商標 原料
ピクノジェノール フランス海岸松の樹皮(フランスで抽出)
フラバンジェノール フランス海岸松の樹皮(日本で抽出)
エンゾジノール パイナスラジアータ松の樹皮(ニュージーランドで抽出)

原末を製品にするには各メーカーで添加物などを混ぜる

各メーカーはホーファーリサーチ社、㈱東洋新薬、エンゾ・ニュートラシューティカルズ社などからOPCの原末を仕入れて製品化します。

原末の仕入先によって製品名がピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノールと違ってきます。

実際にサプリメントなどの製品にするためには各メーカーで様々なものを混ぜるのでその影響もあり製品名が同じでもかなり違いが出てきます。

混ぜ物がビタミンCなどOPCと相乗効果のあるものならば大変好ましいですが売り上げを伸ばすための添加物。

艶をつけて見た目をよくする光沢剤、長く持たせるための保存料など。

OPCを摂取するというシンプルな目的の観点からは不必要な添加物が混ぜられているものがかなり出回っています。

OPCの吸収効率の妨げになっている可能性も否定できません。

【増粘剤、賦形剤、光沢材など添加物の例】

グリセリン脂肪酸エステル ショ糖エステル ミツロウ 着色料 シェラック など

ピクノジェノール フラバンジェノール サプリメントに混ぜられる 添加物

成分表示などでよくチェックしてみてください。

 

どうしても使用せざるを得ない添加物もあります。

チェックポイントは売り上げのための不必要な添加物が使われていること。

もしくは大量に添加物が使われていればNGです。

まとめ

ピクノジェノール、フラバンジェノール、エンゾジノールの違いは
※登録商標
※原料および抽出加工場所

登録商標名 ピクノジェノール フラバンジェノール エンゾジノール
登録会社 ホーファーリサーチ社 ㈱東洋新薬 エンゾ・ニュートラシューティカルズ社
所在地 スイス 日本 ニュージーランド
原料 フランス海岸松の樹皮 フランス海岸松の樹皮 パイナスラジアータ松の樹皮
成分抽出地 フランス 日本 ニュージーランド

※製品化の過程で添加物が使われている→成分チェック→不必要添加物ゼロ推奨