【口コミ】ADHD/ピクノジェノールサプリメント

ピクノジェノールのADHDへの効果/口コミ

ADHDは注意欠陥/多動性障害の事を指します。

このADHDについて、ピクノジェノールが症状を緩和するという研究結果がピクノジェノールPRセンターによって確認されています。

実際にピクノジェノールをサプリメントで摂取した場合の口コミをご紹介いたします。

ピクノジェノールサプリメントのADHDへの効果/口コミ

ピクノジェノール口コミピクノジェノールのサプリがADHDに効いています。

実際サプリメントのピクノジェノールを服用しています。
服用してから少し仕事でもミスは減り、ちょっとはよくなってるかな?と思います。


ピクノジェノール口コミ2欠かせません。

ADHDが疑われる子供に飲ませています。
多動に関しては、本当に劇的!とも言えるほどの変化がありました。
これからも絶対に欠かすことなく飲ませていこうと思っています。 


ピクノジェノールはADHDへの効果で特許を取得しています。

ピクノジェノールはADHDへの効果で特許取得学習障害、チック性障害、広汎性発達障害(いわゆる自閉症)などを合併しているADHDの30数名にピクノジェノール®が試された結果,半数以上の例で明らかな効果が認められ特許を取得しています。(アメリカ) U.S.PATENT NO.719178

ADHDを含めた注意欠陥障害に対するピクノジェノール®の効果についていくつかの研究が行われ、子供においても症状の減少が確認されました。

ピクノジェノールのadadへの効果/注意力・多動

上のグラフはADHD (注意欠陥多動性障害)の子供を対象にしたプラセボ比較二重盲検臨床試験結果です。ピクノジェノール®補給で多動性症状が緩和し、注意力も改善しています。

ピクノジェノールのadhdへの効果/ストレスホルモン

上のグラフはピクノジェノール®によるADHD患者のストレスホルモン減少をあらわしています。

ピクノジェノール®のストレスホルモンのバランスを整える効果が大きくかかわっていると考えられます。

スイスの研究では平均年齢9歳半の57名のADHD患者に対して、1ヶ月間ピクノジェノール®を投与しました。

その結果、学習・認識・注意・行動に関連するストレスホルモンを、アドレナリンで26.2%、ドーパミンで10%下げることが分かりました。

ストレスホルモンのバランスが整うことによってADHDの症状の緩和に繋がると考えられています。

ADHDはコンサータ、ストラテラなど薬物治療が主流です。

長期間服用していれば、それだけ「薬の副作用」も出てきますので注意が必要です。

コンサータは、脳の中枢神経に直接働くので、ストラテラより即効性があります。

しかし、副作用も早めに出てくる可能性があります。

食欲不振、不眠・睡眠障害、動機、息切れなどが主な症状です。

ストラテラの副作用は頭痛の症状が顕著です。

しかし、コンサータよりも脳内への刺激が少なく副作用も依存性もその分低くなると言われています。

ADHDの薬物治療の代わりに副作用の心配がないピクノジェノールに期待。

薬物治療に副作用はつきものですが、何よりも小さい子供に薬を飲ませ続けるのは不安が募ります。

以上を考慮すると、ピクノジェノール®は処方薬の代替となる天然成分と考えられます。